フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

リンク

無料ブログはココログ

龍馬会

2018年1月 3日 (水)

京都龍馬会 忘年会 2017

17122301
17122302
17122303
17122304
17122310
17122311
17122312
17122313
17122314
17122315

2017年11月29日 (水)

12月度寺子屋のご案内

☆中村武生の「寺子屋龍馬」
講師:中村 武生(なかむら たけお)
歴史地理史学者
日時:12月3日(日)17:30~18:30


☆「寺子屋龍馬 特別講座 150年目のその日その時その場所で」
坂本龍馬が凶刃に斃れた慶応3年11月15日は西暦では1867年12月10日です。ちょうど150年目のその日京都龍馬会赤尾理事長が史料に基づき龍馬殺害の真相に迫ります。20:00より「近江屋」前にて龍馬、慎太郎、藤吉らのご冥福を祈ります。
講師:赤尾 博章 NPO京都龍馬会理事長
場所:「龍馬」
日時:12月10日(日)17:30~18:30
20:00より「近江屋」前にて慰霊祭を行います。


☆竹本知行の「幕末歴史学講座」
講師:竹本 知行(たけもと ともゆき)
大和大学准教授
日時:12月16日(土)17:30~18:30


☆新内 枝幸太夫の「都々逸講座」
講師:新内 枝幸太夫(しんない しこうだゆう)
新内弥栄派 家元
日時:12月17日(水)都々逸講座 17:00~18:00
講座終了後(18:00~20:00)忘年会を開催します
場所:講座、忘年会とも「葱屋平吉(ねぎやへいきち) 先斗町店」
京都市中京区先斗町通四条上る下樵木町201-4
参加費:
都々逸講座 1000円
忘年会 6000円
※開催時間、場所にご注意ください。 


☆堤宗男の「幕末古文書講座 龍馬の手紙を読む」
講師:堤宗男(つつみ むねお)
NPO京都龍馬会 研究員
日時:12月24日(日)17:30~18:30

いずれも 定員:15名 要予約 参加費:1000円
場所:京都市中京区木屋町通六角下ル材木町184都会館1F「龍馬」
都々逸講座は今回に限り「葱屋平吉」
主催:特定非営利活動法人 京都龍馬会
御問合せ・お申込み:TEL/FAX 075-211-3666

2017年11月 1日 (水)

11月度 「寺子屋龍馬」のご案内


中村武生の「『薩長同盟』研究のいま」
講師:中村 武生(なかむら たけお)
歴史地理史学者
日時:11月5日(日)17:30~18:30

☆新内 枝幸太夫の「都々逸講座」
講師:新内 枝幸太夫(しんない しこうだゆう)
新内弥栄派 家元
日時:11月15日(水)17:30~18:30

☆竹本知行の「幕末歴史学講座」
講師:竹本 知行(たけもと ともゆき)
大和大学准教授
日時:11月19日(日)17:30~18:30

☆堤宗男の「幕末古文書講座 龍馬の手紙を読む」
講師:堤宗男(つつみ むねお)
NPO京都龍馬会 研究員
日時:11月26日(日)17:30~18:30

いずれも 定員:15名 要予約 参加費:1000円
場所:京都市中京区木屋町通六角下ル材木町184都会館1F「龍馬」
主催:特定非営利活動法人 京都龍馬会
御問合せ・お申込み:TEL/FAX 075-211-3666

2017年10月18日 (水)

龍馬さん没後150年 第24回 坂本龍馬慰霊祭 提灯行列

龍馬さん没後150年

第24回 坂本龍馬慰霊祭 提灯行列

着物を着て参加しませんか〜。

https://www.facebook.com/events/1470225969681301/?ti=icl

2017年5月23日 (火)

6月度寺子屋龍馬のご案内

☆新内枝幸太夫の「都々逸講座」
講師:新内枝幸)太夫 新内弥栄派家元
日時:6月10日(土)17:30~18:30


☆堤宗男の「幕末古文書講座 龍馬の手紙を読む」
講師:堤 宗男 NPO京都龍馬会研究員
日時:6月11日(日)17:30~18:30


☆竹本知行の「幕末歴史学講座」
講師:竹本 知行 国際日本文化研究センター 研究員
日時:6月17日(土)17:30~18:30


☆ 幡新大実の「近代史講座 幕末から現代へ」
講師:幡新 大実 大阪女学院教授
日時:6月18日(日)17:30~18:30


☆赤尾博章の「いちからまなぶ坂本龍馬」
講師:赤尾 博章 NPO京都龍馬会理事長
日時:6月25日(日)17:30~18:30
  (京都龍馬会会員は参加費無料)

いずれも 定員:15名 要予約 参加費:1000円


〒604-8017
京都市中京区木屋町通六角下ル材木町184
都会館1F 龍馬
TEL/FAX 075-211-3666

2017年4月 4日 (火)

龍馬修楽旅行 龍馬没後150年

龍馬修楽旅行 龍馬没後150年
塩津 林家、龍馬越行の足跡を訪ねる

慶応3年10月24日龍馬は大津から最後の越前行きの旅に出ます。11月5日帰京後 後藤象二郎宛に報告書を提出します。その下書きの裏側に書かれた文字から 京都龍馬会らの調査により近江塩津「林市郎右衛門」の存在が明らかになりました。龍馬はじめ北添佶磨、曽和慎八郎ら土佐藩士たちと共に土佐藩の為に活動した林市郎右衛門の実家、丸一旅館が当時の面影を留め現存しています。現当主林喜久雄氏に同家をご案内戴きます。一般公開されていませんのでこの機会に是非ご参加下さい。
夕刻福井市内、龍馬が三岡八郎と語り明かした「莨屋旅館」跡の「与志多」にて越前龍馬会の皆様と懇親会を持ちます。新内弥栄派家元 新内枝幸太夫師匠に龍馬がつくった都々逸などをご披露いただき三味線の音と共に幕末志士たちの宴会の雰囲気をお楽しみ下さい。
翌日は越前龍馬会の皆様に福井市内 龍馬の足跡をご案内戴きます。

日時:平成29年5月27日(土)9:00出発
  ~28日(日)20:00帰京予定
集合場所:京都駅八条口龍馬修楽旅行 龍馬没後150年

近江
行先:近江塩津、福井市
宿泊:福井市内ホテル
懇親会:「与志多」 莨屋旅館跡
交通:貸切バス
参加費: 30,000円 予定
宿泊費、懇親会参加費、朝食、有料施設入場料、旅行傷害保険料を含む

旅程(予定)
27日(土) 京都駅八条口 09:00発 → 11:00北淡海・丸子船の館 → 12:00昼食 →
13:00近江塩津林家 → 塩津神社15:00発 → 16:30福井 → ホテル
→18:00与志多(莨屋旅館跡 )

28日(日) 10:00発 → 福井市内見学(越前龍馬会 同行)→ 20:00 京都駅八条口着


1705

2017年1月31日 (火)

2月度寺子屋龍馬の案内

☆新内 枝幸太夫の「都々逸講座」
講師:新内 枝幸太夫(しんない しこうだゆう)
新内弥栄派 家元
日時:2月11日(土)17:30~18:30

☆赤尾博章の「いちからまなぶ坂本龍馬」
講師:赤尾 博章(あかおひろあき)
NPO京都龍馬会理事長
日時:2月12日(日)17:30~18:30
(京都龍馬会会員は参加費無料)

☆堤宗男の「幕末古文書講座 龍馬の手紙を読む」
講師:堤宗男(つつみ むねお)
NPO京都龍馬会 研究員
日時:2月19日(日)17:30~18:30

☆竹本知行の「幕末政治学講座」
講師:竹本 知行(たけもとともゆき)
 国際日本文化研究センター 研究員
日時:2月26日(日)17:30~18:30

いずれも 定員:15名 要予約
参加費:1000円
場所:京都市中京区木屋町通六角下ル材木町184都会館「龍馬」

2016年12月 9日 (金)

149年目のその日その時その場所で

坂本龍馬が凶刃に斃れた慶応3年11月15日は西暦では1867年12月10日です。
149年目のその日その時その場所で京都龍馬会赤尾理事長が史料に基づき龍馬殺害の真相に迫ります。
また、ご参加戴いた皆様と共に龍馬、慎太郎、藤吉らのご冥福を祈ります。
集合場所:「龍馬」京都市中京区木屋町通り六角下ル材木町184
参加費:1000円(京都龍馬会会員は無料)

2016年10月18日 (火)

提灯行列案内

提灯行列に着物で参加しませんか。

1609




2016年5月11日 (水)

毎日文化センター講座案内

毎日文化センター
「いちから学ぶ坂本龍馬」
講師 NPO京都龍馬会赤尾博章理事長
http://www.maibun.co.jp/wp/?p=33177

より以前の記事一覧